« 筍ご飯 | トップページ | IL PENTOLINO »

2005/04/21

猟人日記

youngadamもう終わってしまいそうだったのでギリギリで見に行ってきました。もちろんユアン目当てです(笑)
この映画は過激なシーンが多いという事で話題になっていたため、凄く楽しみに日本公開を待っていました。すると単館上映だったので、こんなに見るのが遅れました。


young_adamp映画は全般はイギリス映画らしい作りだなぁ~と言う感じです。
だからどうした系(笑)救いもないですしね。
はっきりとした結末がないのですよね。
こういう系の映画多いですよね。
お付き合いしてくれた(けっこう無理矢理...)おねーさんが
「これがフランス映画だと最後に『あなた誰だっけ?』
みたいな人に突き落とされて終わるんだよね」と言っていました。
フランス映画はあまり見る機会はないのですが、
コレを聞く限りはっきりした結末があるようですね(笑)

場面は一人の女性の死体をユアンが引き上げた事から始まりますが、
予備知識がなかったため、始まってしばらくは過去の事をやっているのか
今現在の事をやっているのか、全く区別が付つかず...。
半ばを過ぎて死んだ女性との関係が明らかになって行くに従って、
ああ、あれって過去の事をやっていたんだとわかります。
そのような演出なのかもしれませんが、ちょっとわかりにくいなぁ~と。

この映画はユアンの裸が拝めると思って非常に期待していたのですが、
(奥さんに相談してまで出たって言ってましたし)
全然で、更にそんなシーンもあっさりで、、、そう言う意味では
まったくもって期待はずれでした(笑)期待しすぎた!
向こうのDVDも買おうかと思っていましたが、買うまでも無さそうです。
チエッ~(笑)

|

« 筍ご飯 | トップページ | IL PENTOLINO »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/3818289

この記事へのトラックバック一覧です: 猟人日記:

« 筍ご飯 | トップページ | IL PENTOLINO »