« romanza | トップページ | 崩壊の序曲 »

2005/08/24

スター・ウォーズ エピソード3

sw_ep34回目のSWです。あと3枚~と唱えながら台風が来る前に見てみようと思い、行ってきました。前売り持っているにレディースディだったため(台風の所為で木曜日にするのを止めました)、混んでたら嫌だなと思っていたのですが、そんなでもなかったので良かったです。

4回目ともなるとと思うのですが、今回は途中余計な事をたくさん考えてしまったので、なんだかちゃんと見ていなかった気がします。なので感想と言うよりはそんな映画を何を考えながら見ていたのかくだらない事をつらつらと(笑)←だいたい私が考えてる事ってしょーもない事だってわかるでしょ?(笑)
でもアホだから一日経ったら忘れちゃった事も...。
まあ、アホ話に付き合える方だけどうぞ!


sw_ep3_02やっぱり好きだなと思ったのは、最初から20分間くらいの議長救出作戦時。
スターファイター戦闘時からエレベーター内の会話などもうツボ。
いつも笑わせてもらってます。
今回もエレベーター内での二人の会話。
落ちていくエレベーターでのオビ=ワンの悲鳴に爆笑。
中に戻ってきたアナキンに「この命令は誰が?」
「R2が~」というオビ=ワンに冷たく「なんでこんなバカなことを?」
「だから私は何も言ってない!」って言うところが大好き、DVD出たらこれだけ何度も見ちゃいそう(笑)
この「I didn't say anything」の話し方(かすれ具合のトーンが)バンビのダンナを思い出し更に笑えました。
ユアンって声けっこう高いのですね。いや、軽めな声だとは思ってましたが、よく一緒に会話をしているヘイデン君と比べるとものすごく高く感じます。今まで気が付かなかったです。ヘイデン君に目がいっていなかったから?いや、ユアンにも目がいってなかっただろうっていうツッコミはナシにしてください。

後このこの20分間で思った事はジェダイってけっこう嫌味がお得意?
いや、もしかして私の英語の解釈が間違っているのかもですが、
字幕ではそんなに思わなかず、でも実際話しているのを聞くと、
けっこう「あれ?」って思う事言ってたり。
まあでも私の耳と英語力なので、字幕の解釈の方が正しいのでしょうね。ハハハ...。
そんな嫌味の応酬が楽しかったです。(と私は解釈しました。笑)
あっ、この辺り小説きちんと読むとまた違った印象になるのかもですね。
まだ読んでいないので...。

パルパティーン議長も命張って誘拐劇を演出しているし。
まあバレればバレたでどうせ殺されるのだからできる事だなぁ~と。
あれ、一歩間違えたら(間違えなくても)普通は死んでますよね。
普通そうな顔してますけど、けっこうドキドキだったのではないかと(笑)
特にアナキンの足にぶら下がっているシーンとか、シップ着陸(不時着?)時などは。
(このあたりけっこう議長を助けに来た割には議長がおざなりになっている気が...)
この部分は流し読みして小説の方もちょっと読みました。
それを読むといかにアナキンが天才的パイロットだかが書かれているのですが、
映画だけだとイマイチそれがわからないのですよね。
天才的パイロットなアナキンって好きなのでちょっと残念だなぁ~と思います。

その後のシーンでは映画にはある意味全く関係ない事を思っていて、
気が付いたらあっという間にラストシーンでした...。
何を思っていたかというと、自分でもあきれつつ(笑)
ジェダイってトイレ行くのかなぁ~とか。だってジェダイ聖堂ってレストルーム
無さそうじゃないですか?私ヴィジョン的にオビ=ワンはともかく
子供いるにもかかわらずアナキンってトイレ行きそうになくないですか?
えっ?違う?(笑)

彼らはいくらくらいお給料を貰っているのだろうか~などと(笑)
だってあれがボランティアだったらヒドイですよね。
まあ生活等は保証されているのでしょうけど、その他はどうなっているのだろうと、
オフィシャルな設定が知りたいです。
案外すっごくお給料が良くてジェダイ1万人時代を共和国予算の逼迫が。
ローブとか戦闘になると脱ぎ捨てて来ちゃいますからね...。
養っていけなくなったらジェダイ殲滅計画が(笑)シスなんて実は
関係なかったり、なんて冗談ですけどね。

ジェダイローブといえば、ジェダイが暮らしているお部屋の
ワードローブの中にはジェダイのあの服しかっかっていないのですかね?(笑)
開いてどれをとってもいっしょとか。なんだかパタリロ思い出しちゃいました。
任務時に支度をするときも下着と(つけているのでしょうかね?)
ジェダイな衣装だけ(笑)まさか着替え持って行かないなんて事ないよなぁ~。

他にはオビ=ワンとアナキンが向かい合ってジェダイ聖堂で
立っているとき、横から見た立ち姿のユアンに厚みがあって、
ヘイデン君は薄くて、ユアンってこの時こんなに太っていたのかしら~って
思ったのですが、足は細いのですよね...。う~ん、上半身着込みすぎ?
顔も妙に大きく見えるのは何故?今回もすっごく気になりました...。
この辺りの撮影時普段着のユアンもトリロジーDVDに入っていたりして、
見ているので、その時も顔が(笑)あのヒゲがいけないのかなぁ?

あとは最後のムスタファーで思ったのですが、オビ=ワンがあの場面で
登場しちゃうと、パドメの立場が無いですよね...。それも仁王立ちだし...。
あれじゃあ余計に逆上しちゃいますよ、アナキン。
もう少し上手く登場してあげないと、密航してきているんだからなぁ~と。
あっ、結構ここはまともな意見だ(笑)←私が思っているだけ?
奥さんとの仲が疑われないのは、ジェダイだから?
私だったら疑います(笑)
たぶんオビ=ワンもちょっとヌケているのかなぁ~?
まあ、ジェダイ的感覚なのですかね?

あと今回見ていてなんとなくアナキンってちょっとおバカ?←失礼すぎ!
いやいやまたまた私の同情をかっちゃいましたよ(笑)
でもこんなアホな事をつらつらと考えていた私が一番バカだとは思います。

先々行上映時に買ってあったパンフレットも初めてきちんと見ました。遅っ!
「あ~、そうなんだぁ~」と思うことが結構ありました。
もっと早く読もうねって事ですね、マスター!
マスターで思い出しましたが、アナキンのあの「Master」の発音、
ちょっと独特なイントネーションでいいですね。
まあこうやって楽しい2時間30分が過ぎていきました。
後1度くらいは行けるかなぁ?


|

« romanza | トップページ | 崩壊の序曲 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/5639224

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ エピソード3:

« romanza | トップページ | 崩壊の序曲 »