« 今回のお供は | トップページ | 朝起きると »

2005/12/17

湯の花亭

ホテルとなっているからか食事はお部屋で取れません。
食事をする場所まで行きます。
でも個室だったので、大きいホテルのため、お部屋に運ぶのが
大変でこんなシステムになっているのかもしれません。
はやりお部屋でまったりできる旅館がいいなぁ~。
ゴハンのお部屋はこんな感じです↓

102_0217102_0216

101_0199まずはセット。
既に食前酒などがセットされていました。
食前酒はホテルオリジナルワイン『綺羅樹』です。

102_0201先付け 牡蠣豆腐

102_0202小茶碗 変わり茶碗蒸し

前菜 蟹身親子和え
お家の中にもお料理が入っていました。↓
101_0200102_0203

102_0204お造り
ギンヒカリ、牡丹海老、生雲丹

吸物 沢煮椀
102_0205102_0207

102_0208蓋を取った中身は次の写真からデス。
器が可愛いから撮ってみました。

102_0213凌ぎ 穴子ワッパ蒸し

102_0214蓋物 蕪の甘煮

102_0212焼き物 鰤鍬焼きと茸のソテー
この中にフォアグラが入っていて、母はコレを食べて気持ちが悪くなり、私もこの味付けで...。コユかったのですよね。それ以後ほとんど手を付けず退散しました。

102_0215強肴 太刀魚琥珀茸白扇揚げ

お総菜 上州牛すき焼き
102_0220102_0224

102_0218102_0219お食事 舞茸ご飯

102_0223水物 ラ・フランスムース

上記にも書いたように焼き物以降ほとんど手を付けずに帰りました。
私などはビールなども残す始末で...。

以上、本日もゴチソウサマでした。

|

« 今回のお供は | トップページ | 朝起きると »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/7705978

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の花亭:

« 今回のお供は | トップページ | 朝起きると »