« 俘人 | トップページ | お風呂(BlogPet) »

2006/05/01

Vフォー・ヴェンデッタ

V_for_vendetta_1また前回より間が空いてしまいましたが、『Vフォー・ヴェンデッタ』を見てきました。本当はもう少し後に見に行く予定だったのですが、Mちゃんから「すっごく面白かった。最低3回は見たい」と携帯へメールがあったので、そう言われると早く見に行きたくなって行ってしまいました。またちょうどIMAXでやっていたため、せっかくなのでIMAXでみてきました。ただ相変わらず画面が大きく、字幕が一番下に出るので、非常に見にくかったです。字幕追っていると映像を見落とすのですよね...。でも画面が大きいのはやっぱりいいですよね。つい見にくいとわかっていても見に行っちゃいます。

実は書くまでに時間が空いてしまい、ちょっと気持ちが他へ...。
もう一度見に行く予定なので、また変わるかもしれませんが、
なんとなく覚えている部分だけ。

ナタリーがスキンヘッドにってことだけ知っていて見に行ったため、
内容はほとんど知りませんでした。なのでVってなんだかも
知らずに、あっ、主人公ってVなんだと(笑)
逆に全く知らずに期待せず見に行ったのは良かったのかも?です。
以前『リベリオン』を見たのですが、内容的には似ている感じですね。
私はかなり好き系なお話しでした。まあ私は何度もっ手感じまでは
いきませんでしたが、もう一度くらいは見たいかもデス。

Vはずっと仮面を取らずにすごいなぁ~と感心。
彼がおちゃめでとっても可愛かったです。お気に入り(笑)
私は「目には目を」派なのでVの個人的気持ちはわかる気がしましたが、
その個人的復習を上手く使ってあおっていたような。
まあその実験も政府がらみだったので、まあ政府にも復習なのか...。
アクションも意外に普通でよかったです。
イヴィーの役の方が考えさせられる役でした。
スティーブン・レイも久々に見てしまいまして、
なんだか相変わらずの役?って気もしましたがいかがでしょうか?
私は彼もすごく彼らしくてよかったです。最後には流されるみたいな(笑)
ナタリーはスキンヘッドでもすごく綺麗でした。
あのままアンネの日記に出られそう!
ロリータファッションはやりすぎで、さすがにもうそんな年じゃあ
ないのねとちょっと思ってしまいました。
私はこんな感じに結構軽い気持ちで見てしまいました。

次回見る機会があったらもう少しきちんと見られたらいいなと
思っています。


|

« 俘人 | トップページ | お風呂(BlogPet) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/10030869

この記事へのトラックバック一覧です: Vフォー・ヴェンデッタ:

» 『Vフォー・ヴェンデッタ』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『Vフォー・ヴェンデッタ』鑑賞レビュー! 原題 V FOR VENDETTA 人民が政府を恐れるのではない!\(+_・。)/ギョッ! PEOPLE SHOULD NOT BE AFRAID OF THEIR GOVERNMENTS. 政府が人民を恐れるのだ!(≧_≦) GOVERNMENTS SHOULD BE AFRAID OF THEIR PEOPLE. "Remember, remember, the fifth of November, 「覚え... [続きを読む]

受信: 2006/05/12 13:29

» 「Vフォー・ヴェンデッタ」何だか分らないけど面白い [soramove]
「Vフォー・ヴェンデッタ」★★★★ ナタリー・ポートマン主演 ジェイムズ・マクティーグ監督、2005年アメリカ=ドイツ 予告を見ても 内容がいまひとつ分らなかったが 本編もナゾの多い展開。 大まかな部分から少しずつパズルの様に これまでの経過が明らかに...... [続きを読む]

受信: 2006/05/21 17:50

» 「V フォー・ヴェンデッタ」 [試写会帰りに]
「V フォー・ヴェンデッタ」V for Vendetta ジャパンプレミア。座席券との引き換え時にチラシを貰ったので、プレスシートはなしかあ、と思っていたら、入場時になんと、Vのマスクをプレゼントしてくれました!これ、すっごい嬉しいかも。結構しっかりした作りだし。遊べる&am..... [続きを読む]

受信: 2006/05/24 02:48

» シネマレビュー----V フォー・ヴェンデッタ [Under the Sun -MEDIA-]
 舞台は近未来のイギリス。人々はテロの恐怖におののき、自分たちの自由と人間の尊厳を差し出して強力なリーダーに権限を委ね、その専制政治の下、ひっそりと生きる。そんな中、夜間外出禁止を破って秘密警察につかまりそうになった女性イヴィー(ナタリー・ポートマン)をなぞの仮面の男"V"が救う。彼女はVとの交流の中で、自分の家族が圧制の中で殺され、結果自分を押し殺して生きてきたことに気づき、やがて恐怖を克服すれば、自分が自由になれることを知る。 "V"は独裁政権によって偶然生まれてしまった一種の怪物。自由を愛する... [続きを読む]

受信: 2006/05/25 22:27

« 俘人 | トップページ | お風呂(BlogPet) »