« ランチ | トップページ | その後 »

2006/06/10

プルートで朝食を

Breakfastonplutop01本日2本目の映画は『プルートで朝食を』でした。監督が『ニール・ジョーダン』と聞いて以来、見てみたいと思っていたのですが、ステイ終わった後付き合ってくれるというY様のお言葉に甘え、付き合って頂きました。他ステイ組も一緒にお付き合いくださると言うことで、皆で一緒に見たのです。Bさんはその後お約束があるとのことで、駅前でお別れしました。ステイ組は一日中ありがとうございました。

Breakfastonplutotちょっとファンタジーな感じの映像とそしてリアルな部分のお話しがありました。お話し的にはとても可愛らしいお話で、公式サイトの方もこんなに可愛らしい(笑)
女装のキリアン・マーフィーがはじけた演技を披露しているのもいいのではないでしょうか?あれだけやれたら楽しそうだなと思ったりも。リーアム神父もいい感じでした(笑)
周りの俳優さんもよかったです。特にいい役だったのもありますが、
チャーリー役のルース・ネッガがかわいかった~vv
可愛らしいお話しと書きましたが、それは主人公パトリックが
明るく前向きな姿があったからで、そんな彼が主人公だからかなぁ~と。
彼の妄想癖もいい具合に明るくて(笑)
実際はアイルランドのお話しのため、
IRAが関わったり、人種の問題があったりして根本的には
実はかなり重いお話しなのだと思います。
ニール・ジョーダンってこの手のお話し好きなようで、
よく関わっていますよね。
途中スティーブン・レイが出てきたのにも思わず笑っちゃいました。
映画の構成もちょっと変わっていて、パトリックの人生を本にした感じに
章ごとに撮られていて、初めはちょっとタルく思う部分もあるかもです。
ラストのノリも大好きなクライング・ゲームの様で私は好きなお話しでした。
まあこういうノリを期待して観に行っちゃったのですけれども(笑)


Breakfastonpluton前売りに付いていたノベルティ。
ピンでしたよー。

Breakfastonpluton02入り口でいただきました。本当はシードルも配っていたのですが、ギリギリに入ったからかシードルをもらえませんでした。帰りにパンフを買っていたら次の回で入ってくる人たちはもらっていましたから。チッ

Breakfastonplutop02パンフレットは中にこんなモノが!
これって作りがクライング・ゲームのパンフと一緒なんですけど。

ちなみにクライング・ゲームはこちら↓

ThecryinggameThecryinggamep02


|

« ランチ | トップページ | その後 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/10478172

この記事へのトラックバック一覧です: プルートで朝食を:

» プルートで朝食を [まったりでいこう〜]
観る前は暗く重い話なのかなと思っていたのですが、多少そういった部分がありはしたものの、コミカルな部分がたくさんあり最後までとても楽しめる内容でした。音楽や衣装、小道具とかもよかったですしね。あと2匹もコマドリもよかったです〜。 町の人たちからおかしな目で見られようと、養母たちから何を言われようと挫けずパトリックは常に前向きだったように思います。異端児のようなパトリックをひどく差別するとか... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 20:32

» プルートで朝食を [Saturday In The Park]
 アイルランド&イギリス  ドラマ&コメディ  監督:ニール・ジョーダン  出演:キリアン・マーフィ      リーアム・ニーソン      スティーヴン・レイ      イアン・ハート アイルランドの小さな町に生まれた赤ん坊パトリック。生みの親は彼を教会...... [続きを読む]

受信: 2006/06/13 10:42

» 『プルートで朝食を』 [試写会帰りに]
『プルートで朝食を』試写。 北アイルランドからのイギリス軍撤廃と完全独立を求めるIRAによるテロ活動が活発になっていった頃、その個性により差別され、時代に流されていったある男の子のお話。 男娼に身をやつしたり、テロに巻き込まれて逮捕されたりというキトゥンの波乱..... [続きを読む]

受信: 2006/06/14 22:36

» 「プルートで朝食を」/愛の革命天使が街を行く! [I N T R O+blog]
『プルートで朝食を』(2005 / アイルランド・イギリス / ニール・ジョーダン) Text By 鮫島 サメ子  言っちゃあ何だが、温厚かつ事なかれ主義のわたくしには、あまりヒトの好き嫌いがない。しかし、幼稚で無神経な人種だけは苦手である。どういう輩かと言うと、自らの正義を毛ほども疑わない人々、...... [続きを読む]

受信: 2006/06/26 10:48

» プルートで朝食を [まぁず、なにやってんだか]
シネスイッチ銀座で「プルートで朝食を」を鑑賞してきました。公開から何週間も経つのに、満席でした。 この間「戦場のアリア」を観たときの予告で、これを観ようと思っていたのですが、内容を「トランスアメリカ」と取り違えていました。「トランスアメリカ」は、息子トビー(父親を探している)と女性(実はトビーのお父さん)がひょんなことから旅に出るお話ですが、「プルートで朝食を」はゲイの息子が本当のお母さんを探しにいく話です。 キトゥン(キリアン・マーフィ)は幼少時代から女の子っぽいため、家族や学校から冷... [続きを読む]

受信: 2006/06/30 22:30

» プルートで朝食を [Pocket Warmer]
邦題:プルートで朝食を 原題:Breakfast on Pluto 監督:ニール [続きを読む]

受信: 2006/07/03 23:46

« ランチ | トップページ | その後 »