« ZEST | トップページ | ユアンバトン »

2006/07/23

NANA

NANA -ナナ- スペシャル・エディション

普段は見ないTVと更に普段見ない邦画を見てしまいました。
たぶんなんらかの作業をHDDでしていたのですが、
我が部屋のHDD-DVDのチャンネルがTVを見ない為、
ほぼ確実にWOWOWになっているので、気が付いたら始まっていたのです。

さて、珍しく見てしまったと言っても家で、更に自分の部屋
ということで、いろいろやりながらだったのですが、
途中からは結構真剣に見ちゃいました。
始まりもたぶんちょっと始まっていたのですが、
私ですらトレーラーで見たことのある、あの新幹線の
出会いのシーンからだったので、たぶんそこまで過ぎて
いないですよね???

更に原作は全く読んだことがないので、すっごく適当な
感想なんですが、全体に私は面白かったと思います。
なんかラストなどナナがナナにやってもらったことなど、
すっごくわかるって気がしました。う~ん、私がいつも
こういう事をやってもらっているからかもですよね。
会えたことに対して涙が出たのではなく、そのやってもらった
事への涙というのは共感でした。

ちょっと疑問だったのは、というか原作を読んでみたいなと
思ったのは、(既にバンド名や名前がわからないですが...)
ナナのバンドの彼がどうしてナナとやっていたバンドを辞めて
東京へ行ってしまったのかと言うこと。いやただ単に有名に
なりたかったとかならわかるんですが、バンドの魅力は
絶対にナナのいるバンドの方がいいですよね?好みの問題?
いや、きっともっと深い理由があるのだろうと(笑)
そしてその有名なバンドのボーカルが女性で更にビックリ
いたしました。知らないので勝手に男性だと思いこんでいたのです...。
先入観ってよくないよねーと思った瞬間。
誰か原作持っていないかなぁ?←貸して欲しいらしい。

でもライヴハウスでのライヴシーンとかもなんだか
懐かしくて思わず見入ってしまった本日の1本です。

|

« ZEST | トップページ | ユアンバトン »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/11074928

この記事へのトラックバック一覧です: NANA:

« ZEST | トップページ | ユアンバトン »