« ランチ | トップページ | 待ってみる »

2006/07/29

ゲド戦記

Talesfromearthsea衣装を見に行ったついでに『ゲド戦記』を観てきました。
一緒にお付き合いしてくれたY様がタダ券があったと持ってきてくれたので無料。ありがとうございました。


実は原作を持っているのに読んだことが無いのですよね...。
ただ、原作を持っているのは3巻まで、昔4巻が出たって事で、
作者がまだ生きているんだと思ったくらい...。
私が3巻まで持っているのはこちらのタイプ↓

影との戦い―ゲド戦記 1


観る前からもゲドのお話しではなくどちらかというとアレンが
主人公と話していたのですが、見終わった後、ゲドが
本当に脇で原作を読んだことがない私は何故ゲド戦記って言うんだろう?と
思ったくらいでした。でも買ったパンフを後から見てみると、
3巻を中心に映画かをされている模様ですね。↓
お父さん(王様)を刺すシーンも原作には無い模様。

さいはての島へ―ゲド戦記 3

映画自体はたぶん原作を読んでいなくてもわかるとは
思うのですが、細かい部分はやはり原作を読まないとと
思います。世界観とかも微妙にわかりづらいかも?と。
初めから淡々としていたので、このまま淡々と終わるのかと
途中怯えたくらいでした。
お話しのテーマはわかるのですが私は微妙だったなぁ~と。
まあ原作も読んでいないので、しかたないかもですね。

|

« ランチ | トップページ | 待ってみる »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/11151263

この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記:

» 『ゲド戦記』2006・7・30に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は、道中で国... [続きを読む]

受信: 2006/08/02 22:59

» ゲド戦記 [Akira's VOICE]
深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。 [続きを読む]

受信: 2006/08/03 18:23

» ゲド戦記 [まったりでいこう〜]
出掛けたついでに友人と観てきました。初日だったからかけっこう人がいましたね。宮崎アニメということもあってか、子連れの方もちらほらといました。夏休み中でもあるから余計に親子連れがいるのかな?とりあえず楽しめ... [続きを読む]

受信: 2006/08/04 00:05

» ゲド戦記 [映画、言いたい放題!]
ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。( ^ _ ^; しかしいきなり評判悪いですね、この作品。汗 でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。 多島海世界「アースシー」。 人間界には現れなかった竜が現れた。 聖なる生き物... [続きを読む]

受信: 2006/08/13 02:21

» ゲド戦記 06年165本目 [猫姫じゃ]
ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。 息子さんが、初めて監督したんですよね。 てか、やっぱり、お子様...... [続きを読む]

受信: 2006/08/20 02:59

« ランチ | トップページ | 待ってみる »