« ランチ | トップページ | 忘れていた... »

2006/10/09

便乗して その2

今回はマイブームに便乗して(笑)&たまたまマイブームの
話題を会社でしていたところ後輩と話が合ったので、
こちらにちらりと当時の想い出を。

後輩とお話ししていたのは全然別件なのですが、なぜか流れがNBAへ。
今お仕事をお手伝いしてくれている派遣の女性もサッカーがすごく
好きなので、わからない私はいろいろ聞いています。
だからといって見るわけではないのですが、人様の好きな事って
その人はものすごく詳しいから聞いていても楽しいですよね。
たぶん話の流れからすると、サッカーの観戦はいくらくらいで
見られるのかということから始まった気がします。
バスケは現地で見ると一番いい席が$100くらいで(たしか)
日本では4万くらいしたきがするのですよねー。でもいい席はやっぱりイイ。

まあそんなこんなでスポーツな話で盛り上がった週末ですが、
その後輩は今年の新入社員なのです。ですので歳も私とは
かなり離れていて(笑)だから絶対にNBAでも今のNBAかと
思っていたために、「私はNBAが大好きでー」から始まり、
「昔ね、アンファニー・ハーダウェイという選手がいたのだけど、
その人のこと大好きだったのよねー」と言いました。
するとその後輩が一言「これはまた男前の選手好きですね」って。
すっごく嬉しかったです。思わず「よく知っているね!」と
言っちゃいましたです。
おもわず「私は当時のNBAが一番好き」というと後輩も
「僕もあのころですよ、熱かったのは」と言っていました。

そんな彼の選手ですがどこが好きだったかと申しますと、
まあとっかかりは彼のボディだったわけで(笑)いや、ほら初めは
たいていそういうところから入る私なのですよ。
以前ニュージャージーへ行ったとき(友人がまだ婚約したての頃、
今のダンナの家に遊びに行きました)友人のダンナに
「彼のどこが好きなの?」と聞かれ「BODY」と答えたら
大ウケされたことは以前どこかで書いたような(苦笑)
プレイスタイルと言わなければならなかったですよね(笑)
彼に関しては顔も好きだしスタイルも足首さえ除けば
パーフェクト。(足首は私の好み的に×なだけです)
そんな彼のプレイスタイルはとても華麗だった気がします。
写真がどこかにあればいいのですが、見あたらず、
また発見したらこちらにでも足しておきます。

たぶんまだ彼は現役で活躍していると思うのですが、
当時の活躍を思うと(涙)そろそろ34、5歳くらいになるはずなので、
引退?なんて思っているのですが、もうしちゃいましたかね?
私が彼をすごく好きだった当時、彼はオーランド・マジックという
チームにいました。そして当時のマジックにはあの
シャキール・オニールがいたのですよ。シャックがすごいなと
思ったのはやっぱりマジックからいなくなってかなーと。
その後のマジックは...ヒドイものだ...。その直後に
オープン戦が日本でやることになりマジックの試合を初めて見ました。
シャックは既にいませんでしたが...生の彼を初めて見たのです。
シャックも日本で一度生観戦したことがあります。
オールスターぽいゲームで他にもスゴイ人ばかりだった気が。
他メンバーで覚えているのは何故かモーニングだけですけど...。

2003年にオーランドへ行った際、マジックの試合を見て来ました。
相手は確かニュージャージー・ネッツ。滞在期間中3戦くらい
あったのですが、同行者のおねーさんがネッツのキッドがみたいと
いうので、ネッツ戦で見ることにしました。↓

101_0778

もちろん既に私が見ていた頃の選手は誰一人としていなかった
気がしますが、変わりにジュワン・ハワード(名前合ってる?)とかいてビックリ。
確か前年くらいまでNYニックス(あれ?マイアミ・ヒートでしたっけ?)に
いたきがしたのにーとか思ったような(笑)この時マジックは19連敗してましたから...。
マジックがここまで...なのはひとえに2000年に獲得した
グラント・ヒル君が全く活躍しないからというより、故障者リストに
入りっぱなしな上に年俸が一番高く他の人を取れないからでしょう。
2000年9月にもWDWへ行ったのですが、その時マジックに
グラント・ヒル君が!という記事を新聞で見たのです。
すごく嬉しかったことを覚えています。
一緒に行ったAちゃんに「グラント・ヒルがマジックにだって!」と
ホテルのプールサイドに新聞持ち込んで語った記憶が...。
最近はどうなのかな?
ハーダウェイ選手もそうですけど(敢えて愛称で呼ばないところ、お気づきの方は
そっとしておいてくださいませ)、スポーツ選手にとっての怪我って
本当に...(泣)ある意味年俸が高いだけに非難される気が。


まあ私はこの程度のにわかNBAファンなので、あくまでも
想い出として語るくらいですが、やはり熱くなったなーと当時を思い出します。
あの1秒1点の世界ですから、残り5秒あればひっくり返る
事もあるわけです。その瞬間を思い出すと未だに鳥肌が
立つこともあるわけで、ドキドキしながらプレーオフとか
観てました。未だに当時のビデオは捨てられない(笑)

ここまでNBAに熱くなったのはひとえにマンガ『スラム・ダンク』が
あったからではないかと思います。マンガとしてもすごい
面白かったのですが、バスケが大嫌いだった私に観戦させる事を
させてくれたマンガです。
バスケはいろいろコンプレックスがありまして(笑)大嫌いだったのですよ。
まあさすがに今更自分でやってみたいとは思いませんが、
そして観るのもNBAだけですが、嫌いな物が好きになるのは
やっぱり凄いことだと思います。
でもこのマンガ、ルールは高校生バスケですが、明らかにNBAですよねー(笑)
もう一つとまどったのがNBAルールなるもの。
同じバスケなのにルールがちょっと違うのですよね。
当時ルールもわからなくて(笑)でもわからないとおもしろくない
ということで、かなり勉強しました。毎年若干の変更が加えられるので、
当時のルールと今のルールではまた違うとは思うのですが、
ルールを知るだけでも楽しかったです。
(イリーガルディフェンスなるものがあったなぁー。懐かし!)

そんな熱かった頃の想い出の品が2品あるのですが、
1つは取り出せなかったので、一つだけこちらに↓

Dscf2158

ダーリンのサイン入りボールです。あっ、ダーリンとか言っちゃった(笑)
大切に大切に保管してありますよ。
大切にしすぎて(?)これ取り出したの8年ぶりくらいなんですけど...。
空気抜けてるかと思っちゃいました(笑)
でもどれだけ私が好きだったかがわかるでしょ?
あっ、想い出の品2品と書きましたが、サイン入りが2品だけで、
オーランドジャージとか普通のグッズは結構たくさん持っています(笑)
もちろんNo.1ね。フフ。

私が好きだった彼とNBAのお話しは以上なのですが、
もう一つ当時のNBAと言えば、神のお話し。
NBAではなく神でございます(笑)
たまにいるんですよねー。どの世界にもスゴイ人が。
ご本人の努力はもちろんあると思うのですが、何かがもう一つ
加わっているのだと絶対に思わざるをえません。
ちょうど熱かった頃がブルズのスリーピートってことで、
二度目の三回連続優勝の頃だったので、これまたすごかったです。
どこぞの誰かのインタビューで神を思い出したのですが、
印象に残っている事が一つ。
二回目の優勝での事だったと思いますが、三度目の優勝を
聞かれてた時に「たとえ同じメンバーで戦力的には変わらなくても
三度優勝するというのはモチベーションを保つのが大変だ」と
言っていたのが印象的でした。
その通り、シーズン中の勝ち星は年々減っていきましたよね。
確か最後の年は相手方(ユタ・ジャズ)の方が多かった気が。
私的に一番面白かったのは2回目の優勝時プレーオフだった気がします。

まあにわかファンなりに熱かった頃の想い出を語ってみた次第です。


|

« ランチ | トップページ | 忘れていた... »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/12209577

この記事へのトラックバック一覧です: 便乗して その2:

« ランチ | トップページ | 忘れていた... »