« ランチ | トップページ | その後 »

2007/02/18

試写会 パフューム

Purfumeプレミア試写会に当たったので行ってきました。東京フィルハーモニーの演奏付きというものだったのとゲストに結婚されたばかりの陣内さんがいらしてました。一応パフォーマンスで13種類の香料を混ぜた香水をその場で作り匂いをばらまくのですが、そうとう芳香剤臭く、ちょっとやりすぎな感が...。

初めからグロいシーンがありまして、そのまま猟奇殺人的に
生々しくいくのかと思っていたら、なんだかそこまでと言う感じはなく、
最後まで微妙な感じでした。
話題になっていた最後のシーンもファンタジーっぽくなっていまして、
そこまで「おおっ」という感じがなく、香りという目に見えない物の
とらえ方の表現がそうだったのかも?と言う感じででした。

主人公のジャン=バティストが初恋(?)の匂いに出会い、
その思った全てを香りを作るために殺人につながるのですが、
ちゃんと香りが最後までできるか、おもわず応援したくなるのです。
そしてそれにドキドキしてしまいました。
顔は苦手なタイプなのですが、何故か応援(笑)
でもクンクンとか匂いをかぐ仕草とかちょっとかわいげがある感じで。

一つ勘違いしていたことは12種類の香料プラス1つの特別な香料。
だから狙われているのは一人なのかと思っていたら、全ての
香料は人体からなのですね。

ローラ役のレイチェル・ハードさんは13番目の特別な香りなのですが、
あまり出演箇所が無くて残念。
紹介でも美人と言われていたので楽しみにしていたのですけれども。

原作↓

香水―ある人殺しの物語
パトリック ジュースキント Patrick S¨uskind 池内 紀
文藝春秋 (2003/06)
売り上げランキング: 144

一緒に行ったaさんが読んだらしいのですが、なんだか笑えるらしいですよ。
どの辺りなのかもっと詳しく聞けば良かった。


|

« ランチ | トップページ | その後 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80604/14088618

この記事へのトラックバック一覧です: 試写会 パフューム:

» 禁断映画がついに解禁! [テンコモリウェブ]
禁断の映画がついに解禁!映画「パフューム ある人殺しの物語」は、話題になっている「とても口に出して言えない衝撃の映像」があります。それは、映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーン。これは、ごいすー。これらはまったくCGを使...... [続きを読む]

受信: 2007/03/14 20:49

« ランチ | トップページ | その後 »